「~ではないかと思う」という表現

afraid

良くない事態や好ましくないことを予想して「~ではないかと思う」をafraidを使って表します。

1) I am afraid we cannot be of further help.
(弊社ではこれ以上お力になれないのではないかと思います)

2) I’m afraid your statement in the meeting was out of context.
(あなたの会議での発言は支離滅裂だったと思う)

1)と2)のようにbe afraid (that)~(好ましくないこと)という構文が一般的です。相手の要求を断る表現にもなります。afraidは「~を恐れて」のように習いますね。実際に恐怖を感じるレベルではなく、良くないことが「気になって、心配になって」のニュアンスで考えればいいでしょう。

1)のbe of help という表現は、「力になる」という意味です。(参考記事:「力になる」を表すbe of help)。2)で使われているout of contextは、「前後関係を無視して、何の脈絡もなしに、支離滅裂で」という意味です(参考記事:「前後関係、文脈、背景」などを意味するcontext)。

3) I am afraid I won’t be available on that day.
(その日は私の都合がつかないのではないかと思います)

3)のように未来形の文が来るのも一般的です。

4) I’m afraid so.
(そうじゃないかと思うわ)

好ましいことやどちらでもないことにはI think so(そう思います)と言いますが、逆の場合は3)のようにI’m afraid so.となります。

5) I’m afraid you have the wrong number.
(お電話番号をお間違えのようです)

5)は電話応対での決まり文句。ビジネスでは間違い電話に対してthinkよりbe afraidと言うほうが丁寧な印象を与えます。

あわせて読む:

同意の表現「私もそう思う」

コンタクト

当ブログはCimplex Marketing Group, Inc.が運営しています。 お問い合わせや資料のご請求は会社サイトからご連絡いただけます。

コンタクトページへ