「副社長」と勘違いされるVice President

vice president

アメリカの企業担当者と名刺交換すると、 “vice president” の肩書きを持つ人が本当に多いことに気づきます。「代理」の意味を持つviceですから「副社長」と訳すことができますが、副社長ってそんなにたくさん必要なんでしょうか?

よく名刺を見てみると、vice presidentの後ろにsalesやmarketingといった部署名が書かれていることに気づきます。アメリカの多くの企業において、vice presidentは部署のトップに立つ役職を指すのです。つまり、日本の組織の「部長」にあたり、Vice President of Salesなら「営業部長」となります。以下のような例があります。

Vice President of Sales
(営業部長)

Vice President of Marketing
(マーケティング部長)

Senior Vice President of Business Development
(ビジネス開発本部長)

Vice presidentの上にseniorとつく人もいます。Seniorは「上席」と訳されますが、日本の組織の「本部長」くらいの役職と捉えて良いと思います。また、vice presidentはよくVP(ヴィーピー)と省略され、会話では “senior VP” のように言います。

アメリカ型企業統治のトップはofficer

部長クラスがvice presidentとなっているのは、アメリカ型の企業統治と大きく関係しています。会社の経営を担うのはpresident(社長)ではなくofficer(執行役)であり、トップに立つのがchief executive officer(最高経営責任者)になります(参考記事:Officer(執行役)という肩書き、役割)。俗に言うCEOです。その下にchief operating officer(最高執行責任者)やchief financial officer(最高財務責任者)などがいて、その下に各部を率いるvice presidentが何人もいるという構成です。

このvice presidentに関する勘違いは、あらゆるところで目にするので注意してください。vice presidentという何だか偉そうな肩書に惑わされてしまいますが、彼らのほとんどは経営陣ではありません。むしろ、chiefやofficerとつく人のほうが偉いのが通常です。

最近は各国でこういったofficerの役職を幹部に与える企業が増えています。日本でもCEOを名乗る人がいますね。ただ単語を覚えるだけでなく、その国の企業文化やビジネス習慣を知ることが大切だと思います。

トップがpresidentの企業の場合

ちなみに、今でもpresidentを組織のトップとする企業では、それに次いでvice presidentという役職を置いていることもあります。ですから、日本の企業の副社長さんが英語版の名刺を作るときは、vice presidentで問題ないでしょう。「経営権のある」という意味でexecutive vice presidentやmanaging vice presidentという言い方もできます。

企業以外でのvice president

企業以外で使うvice presidentとして、アメリカで最も一般的なのは「副大統領」です。

Vice President of the United States
(アメリカ副大統領)

アメリカの人気ドラマに “Veep” という作品があります。架空の副大統領が主役のコメディで、Veepというのは先述したVPの俗語なのです。アメリカ人はVice President、VP、さらにVeepと聞くと、まず副大統領を思い浮かべるのが普通です。

最近は非営利団体などもトップの役職をpresidentとするところが増えています。そういった組織の2番手はvice presidentであり、日本では「副会長」「副所長」などにあたる役職となります。

あわせて読む:

実は「社長」以外の使い方が多いPresident

コンタクト

当ブログはCimplex Marketing Group, Inc.が運営しています。 お問い合わせや資料のご請求は会社サイトからご連絡いただけます。

コンタクトページへ

Miyuki Sato

Cimplex Marketing Group代表
在米20年以上、ビジネス英語に関する著書を4冊出版
当ブログでもビジネス英語に関する記事を多数投稿