よく使われるspecialistという肩書き

オフィスのキュービクルで働く人たちを上から見た様子

アメリカでよく使われる肩書きにspecialistがあります。「専門家」という意味ですが、実際は「~担当」くらいの意味で使われています。以下のように、specialistの前に専門とする分野の単語をつけます。

marketing specialist(マーケティング担当)

PR specialist(広報担当、PRはpublic relationsの略)

IR specialist(投資家向け広報担当、IRはinvestors relationsの略)

HR specialist(人事担当、HRはhuman resourcesの略)

research specialist(調査担当)

customer specialist(お客様担当)

担当にも階級がある場合は、senior marketing specialist(上級マーケティング担当)のように表します。また、Level I customer specialist(レベル1お客様担当)のようにレベルをつける会社もあります。たいていは平社員で管理職ではありません。

「担当」という対訳があてはまるのは主に企業で、respiratory disease specialist(呼吸器疾患専門医)やimmigration law specialist(移民法専門弁護士)のように、「専門家」としての意味が強くなります。

日本語で「~担当」という表現は実に幅広く使っています。account executiveという役職は「顧客担当」という意味合いですが、顧客との取引を管理する担当者を指します(参考記事:account executiveという肩書きはエグゼクティブ?)。また、sales representativeも日本語では「営業担当」ですが、こちらは会社の「代表」として外部の人に会うのでrepresentativeという単語で表します(参考記事: 「代表、代理、担当」など広く使われるrepresentative)。

一方、specialistは顧客との対外的な取引というより、内部での専門的な業務に関わる担当者、ということになります。日本語ではみな「担当」になってしまいますが、英語ではこのように、何を担当するのかによって使う単語が違ってきます。

コンタクト

当ブログはCimplex Marketing Group, Inc.が運営しています。 お問い合わせや資料のご請求は会社サイトからご連絡いただけます。

コンタクトページへ