意外と知られていないrecap

recap

ビジネスの場でrecapという単語をよく使います。日本ではrescheduleのことを「リスケ」と言ったりしますが、recapはカタカナ語としてまだ使われていないようですね。

1) Let’s recap.
(要点をまとめましょう)

1)は会議に頻出する表現です。recapは「要約する、概要を繰り返す」を意味するrecapitulateの省略で、ビジネスやニュースなどでよく使います。

2) I’ll recap this later.
(私が後で要点を繰り返します)

2)のように他動詞で使うことも可能です。例えば、話が長くてややこしくなった時にこう言うと相手が安心しますね。

「要点をまとめる」としてoutlineという動詞もあります。確かに日本語の意味は類似しますが、2つの単語は使い方が違います。recapは「再びcapitulateする」ということですから、後になって振り返る行為を示します。また、outlineが主に文書の要約を指すのに対し、recapは口頭でのコミュニケーションの要点をまとめる意味が強いと思います。

3) Here is today’s recap.
(今日のニュースのまとめです)

3)は、英語のニュース番組でよく聞く表現です。ここでのrecapは「要点を振り返ること」という名詞で、recapitulationの省略です。

あわせて読む:

動詞としてのoutline

コンタクト

当ブログはCimplex Marketing Group, Inc.が運営しています。 お問い合わせや資料のご請求は会社サイトからご連絡いただけます。

コンタクトページへ