Account Executiveという肩書はエグゼクティブ? 

屋外でパソコンを開いて電話をかける男性

アメリカでよく見かける肩書にaccount executiveというものがあります。日本語でも「エグゼクティブ」と使うように、名詞のexecutiveは「幹部、重役、高官」、形容詞は「経営権のある、決定権のある、実行力のある」の意味を持ちます。そのためaccount executiveと聞くと偉い人のように思ってしまいますが、経営権とは関係なく、たいていは普通の社員です。 

アカウントエグゼクティブの意味 

Accountは「アカウント、口座」で、これは取引先のことを示します。Executiveは取引先アカウントを管理する「担当者」に相当します。1)のようにaccount executiveで「取引先担当、顧客担当、営業担当」となります。2)のようにaccount managerと呼ぶ企業もあります。 

1) Account Executive 
(顧客担当) 

2) Account Manager 
(取引先担当) 

もとは広告業界が使っていた肩書のようで、日本の辞書を引くと「広告業の顧客主任」のような訳が出てきますが、今では広告に限らず幅広い業界で使われています。アメリカではAEと省略して「営業」として定着しています。 

営業職を表す英語の肩書 

営業に関連した英語の肩書はほかにも多数あります。以下のようにsales(営業)とつくものは、新規の顧客開拓に焦点を当てたポジションであることが多いです。 

3) Sales Executive 
(営業責任者) 

4) Sales Manager 
(営業主任、営業課長) 

5) Sales Associate 
(営業部員) 

新規事業の開発に特化した営業職はaccountやsalesの代わりに、business development(事業開発)とつける企業もあります。 

6) Director of Business Development 
(事業開発課長) 

7) Business Development Manager 
(事業開発マネジャー) 

日本でも「インサイドセールス」という言葉を聞くようになりましたが、inside salesは内勤型の営業を指します。見込み顧客や顧客を訪問して営業するfield sales(外勤営業)と異なり、電話、メール、ダイレクトメールなどを通じて営業活動を行い、契約を取る職種です。8)や9)のような肩書があります。国土の広いアメリカではインターネットが普及する前から内勤営業が行われており、インサイドセールスの先進国と言えます。 

8) Inside Sales Representative 
(内勤営業担当) 

9) Director of Inside Sales 
(内勤営業課長) 

「担当者」として使えるRepresentative

「営業担当」にはrepresentativeという単語もあります。Representは「代表する」という動詞なので、representativeは会社を代表して外部に接する人ということになります。10)や11)のようにaccountやclientと組み合わさると法人アカウントの担当者という意味合いが強く(いわゆるBtoBの取引)、個人顧客が対象の場合は(BtoCの取引)12)のようにcustomerと組み合わせます。 

10) Account Representative 
(顧客担当) 

11) Client Representative 
(顧客担当) 

12) Customer Representative 
(お客様係、カスタマーサポート) 

日本語でよく「レップ」と言いますが、このrepresentativeから来ているカタカナ語です。 

あわせて読む:

「代表、代理、担当」など広く使われるrepresentative

コンタクト

当ブログはCimplex Marketing Group, Inc.が運営しています。 お問い合わせや資料のご請求は会社サイトからご連絡いただけます。

コンタクトページへ

Miyuki Sato

Cimplex Marketing Group代表
在米20年以上、専門分野は市場調査
当ブログではビジネス英語に関する記事を多数投稿